ムービーを活用して楽しませよう

オープニングムービーを用意する

結婚式には、たくさんのゲストが参加していると思います。
ゲストはわざわざ時間を確保して、結婚式に来てくれているという意識を忘れないでください。
きちんと来てくれたゲストに対して、お礼を言わなければいけません。
そのために、オープニングムービーを作る人が増えています。
参列してくれたことへの感謝の言葉を伝えましょう。
それだけでは寂しいので、結婚式を挙げるにあたって準備してきたことをムービーで伝えると、これから始まる結婚式が楽しみになります。

式の途中では、新郎新婦をそれぞれ紹介するムービーを流してください。
口頭だけで説明するのは大変ですし、長い説明になるとゲストは聞く気を失ってしまいます。
楽しく自己紹介をするためには、ムービーを流しながら説明するのが良い方法です。
ムービーなら、ゲストは興味を持って見てくれるでしょう。
最後には、エンディングムービーがおすすめです。
結婚式に参列してくれた人の名前を書いて、簡単に感謝の気持ちを伝えるのが良い方法です。

最近は結婚式の様子を撮影して、それをエンディングムービーに使う方法もあります。
先ほど行われていた結婚式の様子がムービーになっているので、ゲストを驚かすことができます。
ゲストをさらに楽しませたいと思っているなら、そのようなムービーを撮影できないか聞いてください。
一般的に、撮って出しと言われる方法です。
自分たちだけでなく、ゲストも楽しい結婚式にしてください。

人気のムービーを参考にしよう

結婚式を挙げる時は、自分たちが主役だと思い込む人がいます。 確かに主役は新郎新婦ですが、ゲストを招待します。 来てくれたことに対して、感謝しなければいけません。 感謝の気持ちを忘れると、ゲストは不快な気分になります。 オープニングムービーを作って、お礼を述べましょう。

自己紹介用のムービーを作ろう

どんな新郎や新婦なのか、ゲストに伝えなければいけません。 結婚式の途中では、紹介用のムービーを流してください。 新婦の友人は新郎のことを知らないでしょうし、新郎の友人は新婦が分かりません。 両方を知っているゲストは少ないので、序盤できちんと説明しましょう。

最後に流すためのムービーがある

オープニングムービーがあれば、当然エンディングムービーもあります。 結婚式の最後を飾るムービーなので、気を抜かないで作成してください。 具体的に、どのような内容にすれば良いのでしょうか。 最後なので、ゲストにメッセージを伝える内容が良いでしょう。